バイク保険に加入しよう

バイク保険には、自賠責保険と運転手自身が任意で加入する任意保険があります。自賠責保険に加入していれば、ほかの保険に入る必要はありませんが、自賠責保険は最低限の対人賠償保険である、事故に遭ったときに補償が足りないことがあります。

バイク保険は、自賠責保険で支払われない部分をカバーする保険ということになります。自賠責保険は交通事故で他人にケガを負わせたり、死亡させた場合に保険金が支払われますが、自分がケガをした場合や乗っていた車については、補償がなく自身で払わなくてはなりません。

バイク保険には、人に対して補償する対人賠償保険や人身傷害保険、物に対して補償を行う対物賠償保険があります。また、主保険と特約があり、主保険の対人賠償保険に特約を付ければ、さらに補償の範囲を広げることができます。

特約を付けることで補償の範囲を広げて、保険金が確実に支払われるように工夫されていますが、保険会社の免責があるため注意が必要です。また、交通事故には過失割合があり、自分に過失があると保険金が支払われなくなることがあります。これを免責と言います。バイク保険を契約する際には、保険金が支払われるように保険会社が提示している免責を覚えておくようにしましょう。