バイク保険と自賠責保険の違い

自賠責保険は、バイクを購入したすべての人に加入が義務づけられている強制保険です。「自動車損害賠償保障法」という法律によって、交通事故の被害者を保護するために設けられました。自動車損害賠償保障法に違反した場合、加害者は1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられます。

交通事故に遭ったときに被害者は、加害者に対して損害賠償を請求することができます。自賠責保険の補償内容ですが、ケガによる損害、後遺障害による損害、死亡による損害に対して補償されます。

自賠責保険の限度額ですが、被害者1名につきケガによる損害の上限は最高120万円、死亡による損害の上限は最高3,000万円までと定められています。後遺障害による損害については後遺障害の程度にもよりますが、随時介護を必要とする場合は75万円から最高3,000万円まで支払われることになります。

バイク保険に加入する必要性ですが、自賠責保険は被害者に重大な過失があった場合などに保険金が減額されることがあります。また、自賠責保険で補償されているのは他人に損害を負わせた場合で、自分がケガをした場合や車が壊れた場合などに使うことができないため、任意のバイク保険への加入が必要になります。